グーグルタグマネージャーの設定をする

ワードプレス
Simon / Pixabay

この設定は私にとっては面倒くさいのですが、後で二度と見なくてもいいように最初にやっておきます。

アマゾンアソシエイトやASPとかアドセンスにサイト追加をしておきます。

そしてグーグルにも登録をしておきます。グーグルは分からないカタカナの専門用語がたくさんあるので、なんとなく難しい事をしているようで少し嬉しくなります。

広告

cocoon(コクーン)でグーグルタグマネージャーの設定をする

参考サイト cocoon公式サイト

コクーンでグーグルタグマネージャーの設定をする

GoogleタグマネージャのトラッキングID設定方法
タグマネージャ登録をするとアナリティクスのトラッキングID登録は不要です。

 

  • Googleタグマネージャのページを開いてログインします。
Google タグマネージャの利用規定 | Google タグマネージャ – Google
Googleタグマネージャーの使用には、使用ポリシーのほか、Google利用規約とGoogleプライバシーポリシーの遵守が適用されます。
  • 「アカウントを作成」リンクをクリックします。
  • 新しいアカウント名を入力し「続行」ボタンを押します。
  • トラッキングIDをコピペします。GMT-*******の部分だけでOKです。
  • AMPも同じ手順でとってきてコピペします。

タグを設定する

続けてタグの設定をします。

Google Marketing Platform - Unified Advertising and Analytics
Introducing Google Marketing Platform, a unified marketing and analytics platform for smarter marketing measurement and better results.
  • ダッシュボード画面で「新しいタグを追加」します。
  • 「タグの設定」ボタンを押してください。
  • 「タグタイプの選択」メニューが表示されるので「ユニバーサルアナリティクス」を選択します。一番上のオレンジのものです。
  • 「このタグでオーバーライド設定を有効にする」にチェックを入れます。
  • Google Analyticsの「トラッキングID」を入力します。

トリガーの設定をする

  • トリガーの設定マークをクリックします。
  • 「All Pages」を選択します。
  • グレイのボタンのように色がつきます。
  • 右上の青いボタンで「保存」します。
  • タグ名を入力します。すでに「Googleユニバーサルアナリティクス」と入力されていましたのでそのまま保存しました。
  • 右上の公開ボタンを押します。
  • 名前の入力画面がでたらわかりやすい名前をつけて右上の公開ボタンを押します。
  • 公開が完了するとバージョン名が「1」と表示されます。

このような流れでした。

Google AnalyticsのトラッキングID

上記ではGoogle AnalyticsのトラッキングIDはさっさと入力してしまいたいので、先に用意しておいた方がよいと思います。

私はタグ作成しながらタブを開いてGoogle Analyticの登録をしたので後悔しました。

ここでタグマネージャーに「Google Analytic」の機能をインプットしてしまいますので、コクーン設定の次の項目の「Google Analytics」のトラッキングIDの欄には入力しなくて良いと判断してますが、間違っていたら後ほどこちらにも入力することにします。

アクセス解析の必要性について

私としてはアクセス解析など必要ないのですが、とりあえず設定はしておくのです。

数年たってアクセス解析を見たときに「あ~誰か来てくれたんだなあ。。。」と思うパターンですが、手順どおりに設定しておきます。

いつか何かの役に立つかもしれないと思うのですが、いつも役に立ってません。

猫に小判ですかね。

なんとなく難しい事をしているようで少し嬉しくなります。