ワードプレス無料テンプレートCocoonコクーンで英語サイトを作る

cocoon
この記事は約3分で読めます。

私の大好きなワードプレス無料テンプレートのコクーンCocoonは、バージョン2.0.0から英語サイト用に言語対応して登場しました。これは素晴らしいですね。英語のサイトを作ってみたいという思いはありましたが、今回これを機に挑戦してみようと思います。注意点は一つだけ!あとはいつもと同じように初期設定すれば良いのでしょう。この記事は自分の覚書として記録しておきます。同じようにコクーンで英語サイトを作ろうかなと思っている方のお役にたてればいいなと思います。

英語サイトを作る設定

コクーンで英語サイトを作るのは簡単です。
「サイトの言語設定」という項目を「English」に変更するだけなのです。

ワードプレスでもこのように英語サイトを作ろうとしたことがありましたが、挫折、放置、削除ばかりでした。

今回は外大院卒の娘に記事をおまかせすることにしたので、私はサイトの初期設定だけ関わります。 今回はしっかり作っていくことができると思います。

英語サイト作成時の注意点

コクーンで英語サイトを作る際には、コクーンをインストールする前にデフォルトのワードプレスの設定を済ませておくことだそうです。

ワードプレスの言語設定

左のメニューバーの「設定」から「一般」をクリックして進みます。

このページはサイトタイトルや言語設定ができますので、必要があれば現地時刻の設定もしてしまいましょう。

いつものようにワードプレスが新しいバージョンの更新を促してきますので、ついでにバージョンアップもしておきます。

私はお名前コムのレンタルサーバーを利用していますので、Cocoonのバージョン2.0.0は読み込むことができません。涙

いつも古い軽いバージョンの(1.6.1.1バージョン)を先に読み込ませてから、失敗したら削除してやりなおし、何回もしつこく更新が成功するまで試します。

私の場合、この更新が成功する確率は、2回目で更新できるときもあるし7回くらいの時もありました。

夜中だと成功しやすいというわけでもなく、朝方なら成功しやすいというわけでもありません。

ですがここ数日は成功率が高いです。何か改善されたのでしょうか?そうだとしたら大変ありがたいです。

私の場合、お名前コムサーバーが大好きなのですが、WAFとコクーンのバージョンアップだけが気になるところなのです。

コクーン子テーマをインストール

コクーンの子テーマ、バージョン1.1.1zipは無事にインストールできました。

有効化して閉じます。

次は問題のコクーン親テーマのインストールをします。

コクーン親テーマをインストール

コクーンの親テーマをインストールします。

しばらくすると更新を促す案内が出てくるので、そうしたらバージョン2.0.0になるまで更新を繰り返します。

お名前コムサーバーでコクーンの更新が失敗すると、テーマがワードプレスのデフォルトのテーマになってしまいます。

いきなりアロエのような植物がドーンと出てくるとやるせなくなります。

そのたびに「そろそろサーバー変えようかな。」と思ってしまいます。

 

 

コメント