最初に設定するプラグイン Edit Author Slug

プラグイン
この記事は約3分で読めます。

この記事は、WPワードプレスの無料テーマ、coccon(コクーン)のサイト作成時に必須の最初にインストールする「セキュリティプラグインEdit Author Slug 」の設定方法について自分なりにまとめた覚書記事です。

もしも、誰かのお役に立てれば幸いと思いますのでご覧いただけるとうれしいです。バージョンアップの時期などにより不定期更新のサイトの中の1ページですがご了承ください。

無料のプラグイン Edit Author Slug

ここで取り上げる Edit Author Slug というプラグインは、ウェブ上にワードプレスの投稿者の名前が簡単にばれてしまうことを防ぐことができるプラグインです。

ワードプレスでは投稿者のIDがあるのですが、このIDからログイン情報が辿れてしまうらしく、この「 Edit Author Slug プラグイン」は必須とされているプラグインです。

自分のサイトに不正ログインされてしまう危険

ワードプレスではIDにあたる部分が「admin」となっています。また、パスワードにあたる部分は「password」となっています。

私も知りませんでしたがこの「admin」というIDにあたる部分を、ウェブ上で誰でも簡単に抜き出せてしまうとのことなのです。

http://Webサイトアドレス/?author=1
上記のようにワードプレスのシステム上、投稿者が、1,2,3と番号で確定できるため絞り込んで表示させることができるのだそうです。
その番号で個人が特定されてしまったり、メールアドレスやログインパスワードまでがわかってしまい悪用することも可能という仕組みなのだそうです。
とにかく、セキュリティが全然良くないということだと理解しました。
なので、強化対策プラグインを最初にしっかりと設定し、安心してブログを始めましょうねということなのです。

Edit Author Slug 設定方法

それでは Edit Author Slug の設定方法を説明します。

ワードプレスサイトの画面からプラグインを検索して取り込み、有効化します。

有効化すると左の項目のプラグインの一覧に載っています。

次に、そこから設定という文字をクリックして設定するページに進みます。

次に、左のメニューからユーザーユーザー一覧へ進みクリックします。


次に、設定するユーザーの番号の下の文字の「編集」をクリックしてください。

そうしたら中ほどに「ニックネーム」とあるので、入力欄に任意の名前を入力します。

すると「ブログ上の表示名」の入力欄がプルダウンできますので、今入力した任意の名前を選択します。

次に一番下へスクロールして、「ユーザーを更新」と書かれた青いボタンをクリックします。


これでワードプレスの初期状態のままだとサイトの投稿ページに表示されてしまう「ユーザー名」の部分が変更できました。

とりあえず一安心です。

投稿者スラッグを変更する

今度は投稿者の名前を変更します。

先ほどと同じように左のメニューからユーザーユーザー一覧をクリックします。

次に、設定するユーザーの下の項目の「編集」をクリックしてください。

そうしてさっきと同じように画面をスクロールさせて下の方へ進みます。

「カスタム設定」の入力欄に好きな名前を入力してください。

そうしたら一番下へスクロールして、「ユーザーを更新」の青いボタンをクリックします。

お疲れさまでした。これで無事に設定できました。

忘れずに設定しなければならないプラグイン

コメント