403エラー WAFの場合の対策方法

プラグイン
kaboompics / Pixabay

アドセンス審査用のコードが設置できない

コクーンではアドセンスやアクセス解析用のタグが簡単に設置できるようになっておりますが、私の場合は今回アドセンスを設置しようとしたところ問題がおきました。

私の利用しているサーバー側の問題なのだと思っていますが「403エラー」になってしまい、何回試してみてもうまくいきません。

(ちなみに私のサーバーはお名前ドットコムのレンタルサーバーです。)

なのでコクーン設定のページの簡単にアドセンスの審査コードを設置できる設定方法は使わずに、もう一つの方法、直接コードを書き込む方法をためしてみることにしました。

 

以下はコクーンのサイトで推奨されている方法ですが私には複雑でした。

Google AdSenseの審査(認証)用コードはどこに貼り付けたら良いですか?

Google AdSenseの審査(認証)用コードはどこに貼り付けたら良いですか?
Google AdSense登録時に必要とされるサイト認証用のコードを貼り付ける場所の説明です。

さらにネットで検索してこちらを参考にしてやってみました。

WordPressサイトに「Forbidden 403 エラー」が表示されてしまった場合の対処方法【お名前.com編】

WordPressサイトに「Forbidden 403 エラー」が表示されてしまった場合の対処方法【お名前.com編】
以前別のブログを開設の為、WordPressをサーバーにインストールしたところ、外観カスタマイズやプラグインの設定を変更しようした際に「403エラー」により、各種設定が変更できない事象に遭遇いたしました。403エラーの解消は簡単でしたが、対処方法を残しておきます。

一時的にWAFの設定を無効化してみる

WAF(ワフ)とは、Web Application Firewallの略で、Webアプリケーションの脆弱性を悪用する攻撃からWebサイトを保護するセキュリティ対策です。

本来であれば、この設定を有効にしておくべきですが、どうしても設定を更新する必要がありましたので今回は一時的に無効化する事で対処いたしました。

WordPressサイトに「Forbidden 403 エラー」が表示されてしまった場合の対処方法【お名前.com編】
以前別のブログを開設の為、WordPressをサーバーにインストールしたところ、外観カスタマイズやプラグインの設定を変更しようした際に「403エラー」により、各種設定が変更できない事象に遭遇いたしました。403エラーの解消は簡単でしたが、対処方法を残しておきます。

上記のように、必要な設定だそうなので一時的に設定を解除してみることにしました。

以前、ポータルサイトの設定をしようとしたときも同じように403エラーになったことがありました。

お名前ドットコムは作動確認されていないとことで使用をあきらめたことがありましたが、原因は多分このWAFの設定というところだったのかもしれなかったですね。

1.コントロールパネルにログインする。

2.右側のWEB設定の一番下の「WAF設定」をクリックします。

WAFの設定と検知ログの閲覧ができます。
※ON/OFF設定の切り替えは、反映されるまで1時間程度かかります。
※検知ログは3ヶ月間以内における最大1000件が保存されます。
※検知ログが反映されるまで1~2時間程度かかる場合がございます。
ドメインが一覧で表示されるので、「無効」にチェックします。
時間をおいて確認すると解消されているとのことです。
今回は2時間くらいたって無効になりました。
ようやく画面が進むと英語のセキュリティの画面になりました。
そこをクリックするともう一度試せますという内容が表示されましたのでもう一度やり直したら無事にアドセンスコードの設定ができました。
これからサーバーに行って、又WAFの設定を有効化してきます。
そのあとはプラグインSiteGuardの設定をしにいきます。